スポンサーサイト

  • 2016.04.12 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    かれい臭う

    • 2016.04.12 Tuesday
    • 01:22



    さて、前回思いっきりサザエさん方式で前振りしたので真面目に書きに参った所存でございます。





    前回の更新からほんの数日しかたってないのに書いている!!!





    奇跡!!!












    さてさてさて。





    最近年を重ねるごとに食べられるものが増えていっている。





    もずくや、白和え系、おから、梅干しなどなどあえて食べようとは思わなかったものが結構今好きになったのだ。





    そして最近よく食べるようになったものの一つがにんにくである。





    そもそもにんにくは前から嫌いではなく、刻まれたものであれば特に臭いも気にならず食べていた。





    ところが最近食の変化で丸ごとのにんにくが食べられるようになったのだ。





    食べられるようになったこともそうだが、美味しくて若干うかれていた。





    ある日、母と二人で某お好み焼き店DT堀(いらっしゃいませぽんぽこぽーん)に行き、焼きにんにくがあるじゃないか!と軽い気持ちで注文した。





    本当にかる〜い気持ちで。





    本当に。





    女子特有の犬が通るたびに「かわいいー」っていうくらいの感じで。





    しばらくして注文した品が来た。





    直径15cmほどの皿に小さめのにんにくが大量に詰められたものが来た。





    息を飲み、その皿を見つめる。





    しかし状況は依然変わらない。





    山盛りのにんにく。





    母と私。





    山盛りのにんにく。





    母と私。





    震えた。





    焼きにんにくとは名ばかりで若干生っぽいそれを二人で食べ始めた。





    先に母が脱落した。





    早かった。





    私は自分が頼んだのだから間食しなければ…!という使命感でただただにんにくを口に運んだ。





    食べ終わった後はやりきった満足感とともに二度と頼むものかという強い気持ちでいっぱいだった。





    問題が起こったのは家に帰ってきてからだった。





    お腹が下り、屁が止まらない。





    おまけにすごくにんにく臭い屁なのだ。





    吸血鬼がそばに絶対に寄れないほどのにんにく臭。





    それを生身の人間の全身から醸し出されているのだ。





    その晩は布団に入っても屁は止まらず、私の部屋は異臭の巣窟となった。






    家の中では私のにんにくの残り香があちこちに漂い被害を及ぼしていた。





    次の日の朝起きてトイレに行き自分の部屋に戻った瞬間、今までこの部屋で寝ていたのかと思うと身の毛もよだつほどのにんにくを通り越した異臭で満ちていた。





    これがにんにくの力、にんにくパワーなのかと愕然とした。





    臭い。





    ただ、臭い。





    それからというものにんにくを食べると腸が過剰反応し、屁を大量生産する体になってしまった。





    にんにくの副作用である。





    皆様、呉々もにんにくは適切な摂取をご進言つかまつる次第でござります。





    あゝ、悲しきかな。




    香るにんにく、臭うかれい。






    おじゃるでごじゃる

    • 2016.04.09 Saturday
    • 01:28



    お久しぶりでござる。






    皆様いかがお過ごしだろうか?





    昨日、大人になったおじゃる丸が出たおじゃる丸を見た。





    あれはちょっと想像と違った感がある。






    まず他の登場人物に比べて明らかに長い。





    縦が長い。





    そんでもって目が…なんか……昭和の少女漫画の笑った目みたいな…うん。





    やっぱりおじゃる丸にはずっと小さいままでいてほしい。






    あれが可愛いのだから!!!





    デフォルメされた究極の愛らしさ!!!





    それがOJYARUMARU!!!





    ………。





    久しぶりに書くので若干テンションを見失っている。





    しかし書くことがね…思いつかんな。





    まあ思いつかないから書いてないんだがね!





    とりあえず次回の更新に向けて自分を奮い立たせるために、次回のお題を書いておこう。





    ここからは是非サザエさんな感じで読んでほしい。





    さーて来週のぎょぎょっとかれいはー?





    かれいです。擬音って色々ありますよね。
    (たーったったらー たったったらららー)





    若い人の車でよくビートの音がうるさいのがありますが、あの音ってドゥング ドゥングって感じがしませんか?
    (たったったらー たーらたらたらたったたーらたらったー)





    さて次回は 「かれい臭う」「iPadの悲劇」「冷えは突然に」の3本です。
    (たららったら ぱぱぱ たららったら ぱぱぱ)





    次回もまた見てくださいねー!
    (たーらったったらーらー)





    じゃんけんぽん!!!
    (たらららったたー)





    うふふふふふ。





    嗚呼2016

    • 2016.01.20 Wednesday
    • 20:45
    気がついたら前回の投稿から2年ほどたっている。




    今、




    衝撃に、




    震えている((((;゚Д゚)))))))




    ということで何を書こうか考えたところ、




    「私の恋する目の保養ベストセレクション2016(芸能人含)」をする事にした。




    前回の2012年度版も踏まえつつやって行こう。




    1.大泉洋(あんなに真面目に大河で演じてるのに笑いがこみ上げるのは摩訶不思議)
    2.安田顕(可愛いわ〜)
    3.立花洋介(下町ロケット効果)
    4.加瀬亮(最近CMでしか見ないがまだ好き)
    5.玉木宏(私の永遠の千秋様から愛する新次郎様に変化)
    6.東出 昌大(もはや杏の旦那。しかしちょっとずつ演技が向上していることを僕は評価したい)
    7.伊勢谷友介(COCO塾。うん。)
    8.ディーン フジオカ(新たなイケメンはすでに妻子持ち。)
    9.アイス屋ですれ違った謎の外人イケメン集団(恐ろしくかっこよかった。前回に引き続きランクインの理由は本当にかっこよかったから。)
    10.高橋一生(好きすぎて写真をコラージュして携帯の待受にしてる。民王最高!)
    11.菅田将暉(海月姫可愛かったな。萌えた)
    12.神木隆之介(何させても好き。すんごい好き。)
    13.谷原章介(あの声で呼ばれたい。)
    14.遊佐浩二(あの声で呼ばれたい。)
    15.中井和哉(あの声で呼ばれたい。)
    16.本屋の彼(若干ストーカー気味に好き)
    17.ヒュージャックマン(ニューヨークの恋人を見て鼻血でるかと思った。)
    18.石丸幹二(私の為に歌ってほしい。)
    19.千葉雄大(もういっそヒャダインと付き合ったら良いのに)
    20.桐谷健太(浦ちゃん…。有名になったね…)
    21.町田啓太(美女と男子で可愛かったわ〜。)
    22.佐藤浩市(かわいいわー。)
    23.星野源(歌が良い)
    24.山本耕史(もはや堀北の旦那。あんなに一直線な人だったとは…)
    25.本木雅弘(シブガキ隊では断然もっくん派。)
    26.三上博史(ダンディ。)
    27.的場浩司(だんでぃ。)
    28.野村萬斎(いいよねー!!¡)
    29.妻夫木聡(永遠の青年。)
    30.永山絢斗(愛らしい。最近見ないけど)
    31.カンドンウォン(すっきやねん)
    32.安藤政信(69の時からお好きでしたわ。)
    33.堺雅人(新撰組の山南さんの時から好き!大河も良いよね!)
    34.草刈正雄(やっぱ髪の毛って大事)
    35.北大路欣也(何が素敵って全部よね。)
    36.三浦翔平(可愛いねん…)
    37.児玉清(ああいう人と老後を過ごしたいよね。)
    38.コリン・ファース(私の永遠のマーク・ダーシーである)
    39.ジェームズ・マカヴォイ(顔。顔が好き。)
    40.マット・ランター(ほぼトワイライトだけじゃなく本物のトワイライトも彼がやればよかったのに。)
    41.伊吹五郎(私は助さんより格さん派。)
    42.唐沢寿明(真面目な顔してふざけてるところが好き。)
    43.阿部サダヲ(舞妓Haaaaaan!!¡)
    44.玉山鉄二(マッサン!)
    45.工藤阿須加(ルーズベルトゲームのオキ最高)
    46.岡田准一(官兵衛は本当に良い)
    47.羽生結弦(リスペクトっす)
    48.及川光博(僕のゼリーは良い歌だ。)
    49.安住紳一郎(もうこのまま結婚しないでほしい。)
    50.阿部寛(何させても素敵よね。下町ロケットもよかったわ〜)
    51.岡田真澄(スーパーダンディ。)
    52.Gackt(僕はあの一敗を認めない!)
    53.速水もこみち(5?9はなかなか良かった)
    54.京本政樹(必殺仕事人。)
    55.寺島進(作業服が似合うわあ。)
    56.山内圭哉(新田君。出世したね…)
    57.加山雄三(最近すごい好き)
    58.浅香航大(顔が好み)
    59.遠藤憲一(なんか見慣れてきた)
    60.山口祐一郎(ファントム!!!)
    61.山田孝之(彼ほど情けない役が似合う役者はいない。)
    62.渡辺謙(王様と私見に行きたかったー!)
    63.鈴井貴之(ミスター!)
    64.福山雅治(なんかもう色々と…うん。でも嫌いじゃないんだから!)
    65.松岡修造(一度本物を拝見させていただいたがすごいかっこよかった。)
    66.三國連太郎(あいらぶすーさん。)
    67.東方神起ユンホ(私はチャミよりユンホ派。)
    68.近藤正臣(良い…!!)
    69.ウラジミール・プーチン(顔。)
    70.ジョージ・クルーニー(コーヒーのCMが素敵。)
    71.ジェラルド・バトラー(最近見ないな…)




    終わった…。




    もう思いつかない…!!!




    みんなすっきやわー。




    あーあ。




    この中の誰か婿に来ないかなー…。




    時代が動いている

    • 2014.03.10 Monday
    • 16:00

    久しぶりにブログを書こうと思ったらブログの書き込むところがリニューアルされていて衝撃を受けた。

     

     

     

    書きづらい。

     

     

     

    書きづらいぞジュゲム。

     

     

     

    というかもう3月だ…。

     

     

     

    先日家でお雛様の時期になると流れるCMを真似したのが記憶に新しい。

     

     

     

    まあひな祭りはとっくに過ぎたが、結局我が家ではお雛様は出していない。

     

     

     

    早くしまわないと行き遅れるというもっぱらの噂だが、出してもいなければ遅れようがない。

     

     

     

    私はここ数年お雛様の呪縛から逃げ切っていると言えよう。

     

     

     

    はーはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!!

     

     

     

     

    はっ!!

     

     

     

    でも、ここ数年そういう面で何も起こっていないということ事態がお雛様の呪縛なのではないか…!!??

     

     

     

    しまうのが遅れる=婚期が遅れる だとするならば、

     

     

     

    お雛様を出す=婚期はある となる。

     

     

     

    そうなると お雛様を出さない=婚期はない ということなのではないだろうか。

     

     

     

    やばい。

     

     

     

    やばい。

     

     

     

    やばい。

     

     

     

     

    現時点で自分自身が嫁に行けるような状態でないことは重々承知しているが、これから先のことを見据えてやっぱりお雛様は出した方が良さそうだ。

     

     

     

    今日だそう。

     

     

     

    部屋を掃除して今日だそう。

     

     

     

    嫁に行ける可能性は今のところゼロだが、僕は諦めない。

     

     

     

    もて期は人生で2回はあるはずだ。

     

     

     

    残念ながら私の第一もて期は幼稚園時代に使い切ってしまった。

     

     

     

    だがあと1回分はまだ使っていないはずだ!!!

     

     

     

     

     

    ネバーギブアップ!!!!!

     

     

     

     

    カーディガン!!!

    • 2013.10.25 Friday
    • 13:25

    皆様、お久しブリーフ。



    気づけば10月も終わりに近づいている。



    なんてこったい。



    季節はすっかり冬ですな。



    ラーメン食べたい。



    ステーキ食べたい。



    ステーキは家で作るのが一番おいしい。



    やっぱりシンプルな味付けに限る。








    肉肉肉肉!!








    ………。




    本題に入ろう。



    最近気に入って買ったカーディガンがある。



    ちょっとポンチョっぽい要素もある白のニットのカーディガンである。



    多分本来ならば可愛らしい女子が森ガール的な感じで着こなすのが良いのかもしれない。



    ハチクロのはぐちゃんみたいなね!



    しかし私はあえて、そのような女子らしい着方はしない。



    来て見た瞬間に私は直感したのだ。



    これはヨシヒコだと!!!



    見本



    勇者スタイル。


    もう一度言おう。








    勇者スタイル。







    どうでしょう、これが新しい着こなし。



    前が寒くても気にしない。



    それが勇者スタイル。



    ここで頭にターバンを巻けばあなたもヨシヒコ!!!



    興奮する。



    興奮するわ!!!








    あっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃっひゃ!!!






     

    あまちゃん

    • 2013.09.06 Friday
    • 09:55
     


    世間一般の多くの人もそうかもしれないが、我が家ではあまちゃんがブームである。








    そして、その中でも私はミズタクがブームである。








    あの可愛さは尋常ではない。







    萌え。








    そう、萌えである。









    ネット上でもかなりミズタクは人気のようで非常にうれしい限りである。








    ミズタクの萌えポイントは私的には哀愁と言葉の使い方である。








    何をさせてもなんとなく哀愁がただよってしまう。








    萌える。









    あぁ、ミズタク名台詞かるたとかあったらいいのに。








    「君はいくつだ?もう寝なくていいから布団の中でじっとしてなさい。」

    「もう寝なくていいから。」

    「呼んだ呼んだ〜いぇ〜い」

    「えっ!ユイちゃんのお母さんが?あの上品な奥さんが?浮気とか絶対しなさそうな、風邪薬のコマーシャルに出てそうな奥さんが?男と、上野で?それは確かに『じぇじぇじぇ』だ。」

    「なぜ、出ない、電話に、君は。」

    「やだ。もう一回同じことなんて言えない。昨日のテンション到底持っていけないし…ほら、早く聞いて?」

    「もしもし、天野?水口です。今は1月7日の夜です。一回しか言わないから、ちゃんと聞いてくれ。ここ数日、君のことを考えてる。正確には、君のいないGMTの未来を考えて激しく落ち込んでる。俺はずっとユイちゃん派と言うか、ユイちゃんをセンターに抜擢しようとしてきた。ピー。」

    「もしもし、水口です。さっきの続き。そんな逆風の中で君は、4ヶ月かけて自分の立ち位置を獲得した。もう君はユイちゃんの相方じゃないよ!GMTの天野アキだ。訛ってるけど、40位だけど、最下位だけど、それが…ピー」

    「それがどうした?水口です。それがどうした?誰がなんと言おうと、君の代わりは君しかいないんだよ。そんな君を売り出すことが、マネージャーとして僕の…ピー」

    「そんなの知ってるよ。ナメんなよ。」

    「るぱぁーんさんせーい。いっぱぁーんだんせーい。」

    「というわけで来年までプラトニックで頼むわ。」

    「聞いてねえよ。調子のってんじゃねえぞこの野郎、種!」

    「五月蝿い、何も言うな」

    「五月蝿い、もっと泣くぞ」

    「そんなこと聞いてないっ!自慢すんじゃねぇよ、つうか、自慢すんじゃねぇよ」

    「いやー、さすが元スケバン、追い込み方半端なかった…」

    「神に誓って、、、ジッちゃんの名にかけてプラトニックです。」

    「俺じゃ勝てねぇ。種市浩一とのラブが必要なんだよ」

    「俺は今岩手県と闘っている。」










    ぬおおおおおおおおおお!!!
















    なんて可愛いんだ。








    アキ、種市なんかやめてミズタクと付き合えばいいのに。








    私、ストーブより種よりミズタク押しですから。







    競馬でいうと馬単ミズタク一本買い。







    何をしててもほぼ無表情、だがそこからダダもれている言葉と感情がよりミズタクを愛しくさせる。








    なにはともあれ、














    ミズタク萌え。




    ぶらぶらぶらぶら

    • 2013.06.05 Wednesday
    • 14:35
     


    おひさしぶりーふ。






    ちょっと前までTシャツにカピカピのご飯粒がついていた鰈である。






    今日の議題はブラジャーで行こうと思う。






    最近興味深いブラジャーの噂を聞いたので調べてみた。






    それは「ワコールの胸を小さく見せるブラ」である。






    今まで私はお胸の小さめの人にはVictoria's Secretの2Cup Up ブラ、もしくはPush Upブラをお勧めしてきた。






    しかしお胸の大きい人のことはあまり考えたことがなかった。






    隙間に詰め物をするのは簡単だが、そのもの自体を圧縮することは非常に難しいことだと思う。






    しかし元のサイズをそのままに小さく見せるとは、このワコールのブラは相当な強者に違いないと私はふんでいる。






    残念ながら私は実物を拝見はしていないので着け心地などはさっぱりだが、サイズがちゃんと合えば意外と良いもののようだ。






    今度私も買ってみようと思う。






    意外とサイズも色も柄も充実していてなかなか良かった。





    大きめの方はぜひどうぞ。





    店舗のほうにはあまりサイズや種類がないようなので買うときはワコールのオンラインショッピングサイトをお勧めしよう。(私がインターネット調べた結論。)










    みなさん、良いブラ ライフを!!!





    ホリック

    • 2013.04.02 Tuesday
    • 13:25



    今WOWWOWでホリック実写版ドラマがやっている。






    なかなか面白い。







    基本的に原作LOVEな私としてもまあまあ許せる範囲内である。







    原作でも私は百目鬼君一筋だったが、ドラマ版でも今のところ百目鬼君役の東出昌大君にキュンキュンしている。






    ちなみに彼は「私の恋する目の保養ベストセレクション2012(芸能人含)」の6である。






    あら、去年から彼の素晴らしさを知っていたなんて私ったら先見の明があるわね!!!






    演技はちょっと大根だけど。






    アニメの声が中井和哉さんであまりにぴったりだったから、もうちょい声が低かったらな…とか思うけど。






    でも今後に期待して応援している。






    そして今この記事を読んでいて、ホリックってなんだ?!百目鬼って誰だ!?と思われた方。







    むやみやたらにYahoo!などで画像を検索してはいけない。






    この作品自体はとても素晴らしいものだが、それと同時に世間的にちょっと腐ってる女子たちがこの作品を愛している。






    いや、愛しすぎている。






    愛しすぎた故にやや誤解を多大に与えかねない絵を多くの人が載せている。







    先ほど原作の百目鬼君の絵でも載せようかと思って検索したら、そのような誤解を招く絵でいっぱいになっていた。






    危険である。






    特に何も知らない人がその画像たちをみたら明らかに誤解が生まれそうである。






    くれぐれも皆さん、そういう内容ではありません。






    お化けの話ですから。














    お化けの話ですから!!!!!












    やばいやばいやばい

    • 2013.03.19 Tuesday
    • 09:40
     








    SPEC続編キターーーーーー!!!!!!




    結!!!




    起翔天結!!!ついでに零!!!




    2部作!!!




    今年の秋!!!!




    う、嬉しすぎる…。

    柿ピー

    • 2013.03.13 Wednesday
    • 09:25






    私は柿ピーが好きだ。







    意外と小さいころから好きだった。







    よく柿ピーの「柿」だけ食べていたものである。







    あのころ私は若く、柿ピーの「ピー」の存在を正直うっとおしく感じていた。







    もう柿ピーじゃなくて「柿柿」でいいのに。








    そう思ったこともある。








    しかし今日、私はあの頃の私を恥じている。







    なぜなら、「ピー」の美味しさに気付いてしまったからだ。







    今の私は柿ピー、そして「ピー」に対して尊敬の念を感じずにはいられない。







    ありがとう柿ピー。







    本当にありがとう柿ピー。











    I LOVE 柿ピー!!!










    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM